ヒアルロン酸を超える「超保湿」!大注目成分のプロテオグリカン。

今日は、表題のとおり大注目の新成分プロテオグリカンについて効果をご紹介できればと思います。知れば知るほどその完璧とも言える美容効果に驚きます!

まずは、プロテオグリカンとはなんぞや?というところから...

プロテオグリカンとは?

「プロテオグリカン」は、コラーゲンやヒアルロン酸のように保水性に優れた成分であり、保水性・浸透性のどちらもヒアルロン酸よりも優れていると言われています。(保水性がなんとヒアルロン酸の1.3倍)やっと近年になってサケの鼻軟骨から安定的に抽出する抽出法が確立されたため、早くも多くの美容品や健康食品に利用されつつある、大注目の新成分です。

今回は、その新成分「プロテオグリカン」の代表的な効果について、美容の観点から3つに絞ってご紹介します。

その1:驚きの保湿力! -保水力&浸透力-

プロテオグリカンの保水力は、保湿成分として有名なヒアルロン酸の1.3倍もあると言われています。また、分子構造がより小さいため、浸透力に関してもヒアルロン酸やコラーゲンよりも優れており肌の内側から潤いを与えてくれます。

 

 

その2:アンチエイジング -内側からアプローチ-

プロテオグリカンは肌老化の原因に直接アプローチしてくれる夢のような成分です。それはなぜか?理由は以下の2点です。

①成長因子と同様の効果を発揮!

プロテオグリカンが若さを保つ成長因子(EGF;上皮細胞増殖成長因子)と同様の働きをしてくれます。この成長因子は20代後半から急激に減少してしまうと言われ、その減少により細胞の再生機能の低下し新陳代謝(ターンオーバー)の低下につながることが肌老化の主な原因の1つだと言われています。この肌老化の原因に直接アプローチしてくれる嬉しい働きをしてくれるのがプロテオグリカンということですね。 

②自ら潤う力を育てる -ヒアルロン酸・コラーゲンを生成-

プロテオグリカンは肌の内側に浸透し、なんとヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す効果もあります。プロテオグリカン自体の保水力がヒアルロン酸の1.3倍と言われていますが、それに加えてヒアルロン酸やコラーゲンを生成するというところも「夢の保湿成分」と期待されているポイントです。また、これらの成分が生成されることにより、保湿効果のみでなく美白の嬉しい効果も。シミのもとになるメラニンの生成を抑えたり色素沈着の予防・改善が期待できます。

 

 

その3. シワ、シミ、たるみの原因となる活性酸素の発生を抑えてくれる

プロテオグリカンは、活性酸素の発生を抑制してくれる働きも持ちます。その結果、肌のシワ、シミ、たるみなどのエイジングサインにも効果を発揮します。なぜかというと…老化を促進してしまう最も大きな原因の1つは活性酸素であるというのはよく言われていることですが、プロテオグリカンはその活性酸素の原因となる、免疫細胞が炎症を起こす作用を抑制してくれる働きがあると言われています。

 

まだ実用化されたばかりの大注目成分、プロテオグリカン。今日はその驚きの効果について3点ご紹介しました。今後、さらにその魅力をご紹介していきたいと思います!